葬儀での挨拶マナー

葬儀での挨拶マナーについて

葬儀の場での挨拶マナー

葬儀の会場に到着した際の受付時や、遺族の方へのいわゆるお悔やみの挨拶とは、長々と述べることはせず、簡潔に済ませるのが基本となります。これは、たくさんの参列者に対してそれぞれに丁寧に対応することのできない、遺族への心遣いからのマナーです。お悔やみの言葉は、「この度はご愁傷さまでした」など、簡単な言葉を一言丁寧に述べられれば、失礼にはなりません。葬儀とは、故人の冥福を祈るためのものです。大切なのは、長々とした言葉ではなく故人を思う気持ちであることをよく心に留めて、失礼にならない、シンプルで丁寧な態度でいることを心がけましょう。

葬儀当日の挨拶マナー

人は誰でもいつかは亡くなります。葬儀には、故人の親類縁者を始め、仕事関係や趣味の友人など、生前のあらゆる縁者が一堂に会する最初で最後の機会といっても過言ではありません。葬儀当日に遺族に会った際には、慰めの挨拶をかけるのがマナーですが、故人を惜しむ言葉には気づかいが必要です。故人の身近にいた縁者は、時には悲しみのあまり、ほかにもっとできることがあったのではと自問自答しているので、つい最近まで元気だったとか、もう少しで何歳だったなどの言葉は、口にした人の意図とは反対に慰めにならないこともあります。看病、ご苦労様でしたなど、故人の身近でお世話をしていた人の気持ちを思いやるのも挨拶のマナーです。

↑PAGE TOP